「免疫マッサージ」を実践された方の喜びの声をご覧下さい。

力也が我が家に来て14年たちます。
チワワの寿命は10歳~18歳と言われているので、10歳の誕生日を迎えた時に家族と

「最近は若かったころとちょっと違って、年を感じるようになってきたよね」

「ご飯も変えなきゃね」

「これからの力也の為に出来る事はないかな?」

「人間みたいにマッサージやストレッチがあれば老後も元気になるのに」

そして出会ったのが近藤先生の免疫マッサージです。

一人っ子の息子と、兄弟のように暮らしてきた力也。
息子は力也がいなくなる想像は出来ないし、したくないと言って誰よりも免疫マッサージをマスターしています。

実は前から、小型犬は飼い主の顔を見るのに大型犬よりも上を見上げるのですぐに肩が凝るという話も聞いていたので、犬用のマッサージってないのかな?と思っていたんです。

いまは、近藤先生に教わったマッサージで、病気予防はもちろん、怪我や病気の発見の為に毎日家族のだれかがフルマッサージをします。しっかりと習ったので自信を持ってマッサージをすることで不安を感じることなく、力也も安心して気持ちよさそうです。

あと何年一緒にいられるかわかりませんが、力也がずーっとずーっと元気でいて欲しいと思っています。

※個人の感想であり効果効能を保証するものではありません。



TVでドッグマッサージを見てこころに試したいと思いすぐに購入しました。

独身なのでこころを幸せにするのは、こころと一緒に幸せになるには、
色々な知識を自分で習得して、自分で愛犬(こころ)のケアをする。
マッサージのテクニックが必要だと思いました。


簡単そうに見えるのですが、
やっぱり犬が変わると場所も変わってくるので、ダックスのこころには不安だったんですが、気持ちよさそうな顔を見ているとそんな不安もなくなってきています。

それでも、月に1度はこころと一緒にDVDを見直して、見ながらマッサージを行います。

俺と一緒にいるのが一番幸せだと思ってくれるように、
もっともっと一緒にいられるように日々マッサージ頑張ります。

※個人の感想であり効果効能を保証するものではありません。



主人と結婚をしてすぐ犬を貰い、あれから50年。
一度も途切れることなく、少なくとも1匹、多い時には3匹のワンちゃんと一緒に暮らしてきました。

近藤先生と、近藤先生の免疫マッサージに出会ったのは4年前。
パグのさくらが糖尿病にかかり、朝晩インスリン注射をしていた頃でした。

どうにかして、さくらが幸せな時間を過ごしてほしくて息子たちや、息子のお嫁さんにも協力をお願いして、いろんな病院やショップに問い合わせをしていた時に「免疫マッサージ」に出会いました。

最初は半信半疑でしたが、先生とWindyちゃんの話を聞いて、その晩から主人と一緒に

「大丈夫だよさくら、もっともっと一緒にいようね」

と話しかけながらマッサージを行いました。

最初嫌がるかな?と心配だったのですが、全く嫌がるそぶりも見せず気持ちよさそうな顔で、なんと最初のマッサージをしている最中に寝てしまいました。

これには主人も私もびっくり。
元気な時はよくいびきをかきながら主人と居間で昼寝をしていたのですが、マッサージをしようと思った時期は身体が痛いのか熟睡が出来ないみたいで、いびきをかくまで寝ていなかったんです。

これは希望が持てると、次の日から家事の合間にマッサージをして、主人も仕事から帰ってきてマッサージ、TV見ながらマッサージ。時間がある時に出来るマッサージを毎日行いました

お蔭さまで残り3か月と言われていたさくらも、14歳の誕生日を迎えた一か月後、虹の橋を渡りました。

マッサージのお蔭で食欲も出てきて、目も見えず、インシュリンも辞められませんでしたが、それでも最後の時まで主人と私、息子夫婦たちに見送られ、幸せな犬生だったんじゃないかと思っています。

写真は、マッサージのお蔭でむくみが取れてきて、食欲も戻ってきた頃です。
マッサージを受けながら寝ています☆

今まで一緒に暮らしてきた13匹のワンちゃん達。
もっと前からこの免疫マッサージを知っていたら、きっともっともっと長生きが出来ていた、苦しい時間を味わう時間が少なかったんじゃないかと、時々考えて苦しくなります。

今はキャバリアの鈴ちゃんと一緒に暮らしています。
鈴にも毎日欠かさず私と主人で免疫マッサージを行って体調のチェックをします。

鈴が何歳まで生きるかはまだわかりませんが、良い犬生だったと思ってもらえるように飼い主として精一杯出来る事が出来ればと思います。

※個人の感想であり効果効能を保証するものではありません。



レンとの未来を考えた時、一抹の不安を覚えた時に検索をしてたどり着いたのが近藤先生のドッグマッサージです。

講師の近藤先生は本当に犬が大好きで、大切でお互いに信頼してるのがDVDをみて感じられこの先生の方法だったら間違いないと思いました。

私たち飼い主が、大切な相棒犬と一緒に暮らしていく上で出来る事って、ご飯を見直したり、散歩したり、清潔にしてあげたりするだけじゃなくて、ストレスを解消してあげたりいろんなケアが必要だと思いました。

マッサージを始めてまだ短いですが、ずっとずっと続けていきたいです。
レンが気持ち良い表情で甘えてくることが私のストレス解消の一番の近道です。

※個人の感想であり効果効能を保証するものではありません。



イベントで免疫マッサージを見つけた時「これだ!」と思いました。

以前からマッサージに興味があったんですが、実際に家の周りでは学ぶ場所もないので途方に暮れていました。ですのでイベントでの体験はとても有意義でした。

イベントが終わった後にすぐDVDも購入させて頂いて自宅に戻って光雄にマッサージをしながら復習をしていたら、目がトロンとしてきて家内が「あ、みっちゃん寝、、、た?」と。本当にびっくりしました。

実は光雄、保護犬だったので基本的に飼い主の愛情をずっと確かめたく、落ち着きがなく、しつこく、嫉妬深いんで、特に散歩前後は全くいう事を聞かないので途方に暮れる事も多かったんです。なのでずっとドッグマッサージに興味を持っていました。

それが、あの光雄がおとなしく、マッサージしただけで寝るとは。
本当にびっくりしました。

それから毎日自分と家内と順番にマッサージをしています。
このマッサージで前よりも確認行動が少なくなった気がします。

ボール遊びも前だったら30分遊んでも終わらなかったのに、それよりも揉んで~と来るようになりました。

光雄の第二の人生が幸せになるように自分たちも楽しくマッサージ続けます。

※個人の感想であり効果効能を保証するものではありません。





ドイツやフランスでは主に医療の現場で用いられていて
リンパ液の循環と老廃物の排泄をうながし、全身の機能バランスを整えることで
免疫力、自己治癒力を高めることを目的とした施術方法です。

マッサージしてあげることでワンちゃん本来の免疫力自己治癒力を上げて健康な状態を維持したり、ワンちゃんが病気であれば、病院にかかりながら治療と併用することで、
免疫力を高め、治療効果を高めることが期待できるものなんですね。

そして、この「免疫マッサージ」の最大のポイントは、
一度覚えてしまえばあなたのテクニックになるということです。

「じゃあ、具体的にどんな効果があるの???」

「免疫マッサージ」の効果は以下のようになっています。
1、健康を保ち、そして健康増進
2、病気予防
3、疾患の早期発見
4、ダイエット効果(デトックス)
5、免疫力強化
6、痛みの緩和
7、疲労回復
8、ストレス緩和
9、低体温予防(冷え性の改善)
10、関節の可動域の拡大

この「免疫マッサージ」覚えてしまえば、これらの症状の改善が期待できるんです。

しかも
道具も何もいらない、必要なのは“飼い主様の愛情と正しい知識”だけなのです。

それでは私が開発した「免疫マッサージ」の一部をご覧ください。


いかがでしたか?

このときはDVDの撮影ということでスタジオには知らないスタッフさんがたくさんいて
見慣れないたくさんの専門機材、通常では体験しない強烈な照明、
そんな普段とは全く違う状態での撮影にも関わらず

マッサージをはじめるとワンちゃんはあまりの気持ち良さにウトウトしてしまい
最後には眠ってしまいました。


完全に眠ってしまったので残念ながらスタッフさんからNGが出てしまいましたが、
慣れない環境の中でもワンちゃんが眠ってしまうほど気持ちいいマッサージなんです。

これは数々のペットイベントでも実証されています。

初めてマッサージを受けたワンちゃんが、普段とは全然違う環境なのに
マッサージをはじめるとリラックスして気持ちよさそうな表情をして
最後は眠ってしまうんです。

では、なぜワンちゃん達がこんなに気持ちよくなってしまうのか?
今からその秘密を包み隠さずあなたにお話ししたいと思います。




現在、私は東京都内にてサロンを運営し、
ワンちゃんに関するセミナーや講演依頼も多数いただき
ワンちゃんの悩みを持つ方々に「免疫マッサージ」の秘訣をお話させていただいております。

他にも雑誌「愛犬の友」「レトリーバー・ファンSpecial」など
ペット関連の雑誌等に掲載していただいたり、

テレビではTBSテレビの
「チャンネル6イブニングファイブ」でも取り上げていただきました。
その他にも「南海キャンディーズ」様に取材に来ていただいたり、
番組で私の一日密着取材などを受けたこともあります。

ペットイベントへの出演依頼も多く、
テレビCMで有名な「お父さん犬」へ免疫マッサージをしたこともあります。

また、社団法人 日本ペットセラピー協会 代表理事として
「免疫マッサージ」の普及につとめております。



これまで多くの飼い主様から・・・・

「ワンちゃんに元気がない」
「ワンちゃんの病気をなんとかしたい」
「ワンちゃんとの信頼関係がうまく築けない」
「ワンちゃんのしつけが出来ない」

などなど・・・・

たくさんの悩みが私の元へ寄せられてきました。

そんな悩み苦しむ皆さんを一人でも多く救うこと、お手伝いをすることが私の使命だと思っています。




そうです。いまこの手紙を読んでいるあなたと同じように…

私自身が愛犬の病気に悩み、苦しみ、、、、そんな日々を過ごしていたんです
だから、あなたのつらい気持ちが痛い程よくわかるのです。

そして、
以前の私のように悩む人々を一人でも多く救いたいと心の底から思っているんです。

早速、あなたに「免疫マッサージ」のお話をさせていただきたいのですが、
その話をする前に、大事なお話をさせてください。
なぜ私が「免疫マッサージ」をはじめることになったのか…
そのきっかけを少しだけお話させてください


いまから20年程前になりますが、
私はウィンディーという愛犬を飼っていました。
ウィンディーは
ワイヤーフォックステリアとミニチュアシュナウザーとのミックス犬でした。

親バカと言われそうですが、ウィンディーはそれぞれの犬種の“いいとこ取り”した、それは美しい犬でした。

男の子だったので顔は「イケメン」
スタイルも足がスラっと長く、毛は銀色に輝く艶のある毛並みで本当に美しい犬でした。
美しい犬でしたが、性格はとにかく「やんちゃ」(笑)
そしてものすごく「パワフル」でした。

例えるなら軽自動車に大型ダンプのエンジンを搭載した感じで、
年配の飼い主さんなら手に余してしまうと思うくらい
パワーのあるやんちゃな子でした。

実際、私の家にあった食卓テーブルの脚を一本かじってダメにしてしまい、
三脚テーブルにして壊したこともありました。

すっごいやんちゃで、そしてすっごい甘えん坊でもありました。

私が家に帰ると、嬉しさのあまり私の頭の上に登ろうとするほどで
本当に元気いっぱいの甘えん坊でした。


また、小さい頃からとても頭のいい子でもありました。

ウィンディーは「お手」や「お座り」はもちろんのこと、
家事のお手伝いもしてくれたんです。

どんなお手伝いかと言うと………「ゴミの分別」なんです。

え?ゴミの分別???そう思いますよね?

なんとウィンディーは空のペットボトルのキャップを外すのを手伝ってくれるんです。

前足でペットボトルを押えて、口で器用にキャップを外してくれるんです。
そして「僕、すごいだろ!」と得意満面な表情で私を見るんです。

ウィンディーを褒めてあげると、更に得意げな顔で嬉しそうに
シッポを振って喜ぶ。それがウィンディーの日課でした。

そんなウィンディーが8歳のときでした。

ウィンディーがやたらと自分の体を舐めるようになりました。
「あれ?どうしたのかな?」そう思い、やたら舐めている部分を触ると
そこには黒い「しこり」が出来ていました。

動物病院へ連れて行き検査してもらうと

「皮膚がん」

と言われました。


一瞬、頭の中が真っ白になりました。
そしてすぐに悲しみと、不安、焦りがあふれてきました。

獣医さんと相談し、ウィンディーは手術を受けることになりました。


幸いなことに手術は無事成功。

しかし、獣医さんからは
「再発の恐れがありますから、日ごろの生活を注意してあげてください」と言われました

手術後、ウィンディーはガンだったことが嘘のように
これまでと変わらず元気になりました。

もともと運動が大好きな子でしたから、たくさん運動して、たくさん甘えん坊で
そして相変わらずペットボトルのキャップを取ってくれては「僕、すごいだろ!」
得意げな顔で自慢する愛嬌いっぱい、元気いっぱいのウィンディーでした。


それから、一年が過ぎ、いつものようにウィンディーと触れ合っていたときに
「?」違和感を覚えました。

そう。また“しこり”があったんです。

日頃から注意してウィンディーに触れていたから発見できたのですが、
それでも、しこりを見つけた時は「もしかしたら…またガンかも…」と絶望的な気持ちになりました。

急いで病院へ連れて行き獣医さんに診てもらいました。

以前にもガンを経験しているので、先生の雰囲気や
言葉のニュアンスからわかりました。
『また…同じかもしれない…』と…

そして、獣医さんからこう言われました。
「一か月後にまた来てください。その際、細胞を取って再度調べてみましょう」
つまり一か月後に生検するというものでした。

しかも、その検査までは経過観察なので薬は出せないと言われました。

ガンだと分かっているのに、薬が出ない状態で一か月もそのままでいる?
正直、あたまの中が悲しみ、怒り、不安で押しつぶされそうになりました。

犬は産まれて1年で20歳になります。
人間の時間で一か月でも犬にとってはもっと早く月日が流れます。

そう考えると、一か月何もせず、
ただ次の検査を待つことは出来ませんでした。

私は自分に何が出来るか懸命に考えました。
そして気づきました。

私は以前、海外のアニマルケア、それもアニマルケアのエキスパートの方から
アニマルケアの技術を習得していたんです。


ただ、アニマルケアは動物全般に使うものでしたし、動物のリラックスに重点を置いたケア方法でした。
つまり犬に特化したものではなかったのです。

しかし何もしないで一か月待つよりは何かウィンディーにしてあげたかったんです。

それから私は毎日朝晩欠かさずにウィンディーへマッサージをしました。

マッサージするときは「大丈夫だよ、必ず良くなるからね、がんばるんだよ」
そう何度も何度も声をかけ、祈るような気持でマッサージを行いました。

愛犬がガンだと分かりながら薬もなく、ひたすら祈りながら繰り返すマッサージの毎日…

このときの一か月は、これまでの人生の中でも最も長く感じる一か月でした。

そして、一か月後………




検査をしようとしていた獣医さんが何度も首を傾げながら言いました

「ガンが消えてる…」

何度も何度も獣医さんはウィンディーの患部を確認し、カルテを何度も見直して
不思議そうな顔をするだけでした。そしてこう言いました
「信じられない…」

そうなんです。ウィンディーのガンが消えてしまったんです。

私はあまりのうれしさに立っていられない程でした。
同時に毎日のマッサージがウィンディーを救ったのだと確信しました。

そしてこう思ったんです。
“このマッサージをもっと多くの愛犬家の方に知ってもらいたい”

私はウィンディーがガンになって毎日砂を噛むような辛い思いをして過ごしました。
同じような思いをしている愛犬家の皆さんの力になりたい!そう強く思ったのです。

そこから、私の「免疫マッサージ」の普及活動がスタートしました。
しかし、最初からマッサージが受け入れられた訳ではありませんでした…。

ワンちゃんにマッサージをしているとバカにしたように
「犬じゃなく私をマッサージしてよ」と言われたこともありました。

それでも私は懸命に「免疫マッサージ」を広めるために全国を走り回りました。
そして、その傍らには常にウィンディーがいてくれました。

ウィンディーは、マッサージのデモパートナーとして私と一緒に全国を回ってくれたのです。

ウィンディーはマッサージが大好きで、マッサージの実演でどんなところで行っても
ご機嫌でマッサージを受けてくれました。

時には騒々しい会場でマッサージの実技を行うこともありました。
でも、そんな騒がしい会場でもウィンディーはとても気持ちいい表情を見せてくれて
マッサージの良さを皆さんに伝えてくれました。


そんなウィンディーの反応を見た方々を通じて、
私のマッサージが評判になり、そして徐々に仕事が増えていき、それがいまに繋がっているのです。

マッサージの効果自体が素晴らしいと評価していただいていますが、
このときのウィンディーの活躍があったからいまの私があると思っています。
だからウィンディーには本当に感謝しています。

そんな
やんちゃで、甘えん坊で、そして、とてもご主人思いの優しい子だった
ウィンディーはもういません。

天国へ旅立ったからです…。

ウィンディーの最期のときのことをいまでもハッキリ覚えています。

もう顔を上げることも出来ない程、弱っていたウィンディー…。

マッサージを終え、夜も遅くなり
私は「ウィンディーまた明日ね」そう言いました。

すると顔も上げられないはずのウィンディーが顔を上げ、
私の顔を見つめました

「僕、すごいだろ」
そんな誇らしい顔で、私の顔を見つめていました。

それがウィンディーの最期でした。




いま私はこの「免疫マッサージ」をもっと多くの方へ広めたいと思っています
もっと、もっと多くの方にです。

それが私の使命だと思っています。

そして多くの方へ「免疫マッサージ」を広め、
多くの愛犬家とワンちゃんの幸せのお手伝いがをしたいと思っているんです。

それが出来たなら…

私がいつか天国に行き
ウィンディーと会ったときにこう言いたいんです。
「ウィンディー。私すごいでしょ?」と。


これまで私は14年間で8000人を越える方にマッサージの秘訣を教えてきました。

でも、まだまだウィンディーに自慢するまでには足りません。
もっと多くの方へ免疫マッサージの素晴らしさを知って欲しいと思っています。



しかし、まだまだ免疫マッサージが知られていないとは言え
8000人の方と接していく中で、飼い主さんの悩みがいくつかのパターンに分類されることに気づきました。

これからそれぞれの悩みについてお話させてください。




しつけに関しても「免疫マッサージ」は効果があります。
「え?しつけとマッサージって全然関係ないんじゃない?」そう思われるかもしれませね。

でも実は関係があるんです。

最近「犬のしつけ教室」や「犬のしつけトレーニング」また
「犬の幼稚園」などあるのをご存じでしょうか?
トレーナーさんに家まで来てもらい犬のしつけをするサービスもあります。

犬のしつけに関する書籍も多く出るようになりましたし、
インターネットでも「犬のしつけ」に関する商品を目にするようになりました。

どれも共通して言えるのが“しつけ”に関するサービスということ。
そして、どれも高額だったりするということ。

例えば、しつけ教室、トレーナーさん、幼稚園など
1週間に1回で料金が30,000円とか50,000円とかします。

当然、頻繁に通えばもっとかかります。

私のところへいらっしゃる飼い主さんにも
このような“しつけ”に関するトレーニングを受けてきた方もいらっしゃいます。

その中で最も多い悩みがワンちゃんに“落ち着きがない”だったんです

なかには子犬を「落ち着きがない!」と言う飼い主さんもいらっしゃいます。
子犬の頃というのは、ピョンピョンはしゃいで、なんでも興味をもって、
イタズラしたり、ちょこまかするのが普通なんですが、

「うちの犬は駄犬(だけん)だ!ダメ犬だ!問題犬だ!」

と言う飼い主さんがいます。

こういう飼い主さんは、犬慣れしていない方なんですね。

話を戻しますが、いま沢山のペットのしつけ教室があります。
しつけ教室の全てを否定する訳ではありませんが、中には「?」というところがあるのも事実です。

結果、飼い主さんの中には、そういう教室で変なしつけを覚えてしまったり、
本や話で聞きかじった間違ったしつけを実践してワンちゃんとの関係が大変なことになる場合もあるんですね。

実際に私が聞いた話では、
「一週間でも10日でも犬を無視しないさい」というトレーナーからの指導があり
その通り飼い主さんが実践してワンちゃんが全然なつかなくなって、
もっと大変なことになったこともあったそうです。

そういうことになってしまう前に、
ご自宅でワンちゃんを落ちつかせることが出来るんであれば、こんな簡単なことはありませんよね?

自分で出来るのであれば、先ほど言ったような30,000円や50,000円などの
レッスン料もかからない訳ですし。


こんな話を聞いたことがありますか?
猿のしつけが日本猿と西洋猿で全然違うということを。

日本猿の場合、最初に厳しいしつけをしたら、もうアウトなんです。
人間に襲いかかってくるようになるんですね。

逆に西洋猿の例えばチンパンジーなどは、最初に厳しくしつけないとダメなんです。

ワンちゃんの場合も犬種によって個体差があるんですが
犬種によってしつけの仕方やテクニックも変わってくるんですね。

ただ

しつけをするのに、テクニックも必要ですが
それ以前に大事なのが「愛犬との信頼関係を構築する」ことなんですね。

この「愛犬との信頼関係を構築する」のにも「免疫マッサージ」は有効です。

というのも、
犬が自分の体を自由に触らせるというのは“リーダー”に対してだけなんです。

大事なところなので、もう一度言いますね。

犬は自分がリーダーだと認めている人にだけ体を触らせるんです。
ですから犬の体をまんべんなくさわることで、犬は飼い主がリーダーなんだという意識を強くしていくんです。

ワンちゃんが言うことを聞かない原因は、飼い主さんとの「主従関係」を理解していないことにあります。
主従関係を理解していないとワンちゃんは「問題行動」を起こします。

しかし「免疫マッサージ」をすることで
ワンちゃんに主従関係を気づかせてあげることが出来るんです。

「免疫マッサージ」を続けていくとワンちゃんとの信頼関係が強くなり
飼い主を信頼するようになります。


そうすると絆も一層深まり、主従関係も構築できますから、
問題行動で一番多い「落ち着きのなさ」を解消することに繋がっていくんですね。

そもそも「免疫マッサージ」はワンちゃんにとって気持ちいいものなんです。

その証拠に多くのワンちゃんはマッサージをしている最中にウトウトし、
眠ってしまう子もいます。


落ち着きのないワンちゃんにマッサージをしてあげると
ワンちゃん自身が「あ、落ち着いてると、こんな気持ちいいことしてくれるんだ!」と理解し、自然に落ち着くことを覚えていくんです。

しつけの方法に「褒めて育てる」というのがあります。

その中にオヤツをご褒美として、しつけをする方法があるのですが、
この「免疫マッサージ」は、マッサージ自体がワンちゃんへのご褒美になるんです。

他にもお留守番や、おりこうさんに出来たときのご褒美にマッサージをしてあげたりと
マッサージをしつけに応用することが可能なんですね。

実際に私はこれまでに何百、何千と数えきれないくらい、
落ち着きのないワンちゃんや攻撃的なワンちゃんを穏やかな子に変えてきました。

落ち着きのないワンちゃんを落ち着かせることが出来て、
しかもワンちゃんの体を「健康」にする。

まさに一石二鳥のマッサージがこの「免疫マッサージ」なんです。




「少しでもいいから、この子が元気に健康になって欲しい」そう思っていませんか?

「昔はあんなに元気に走り回っていたのに…」
「痛々しい姿を見るのがつらい…」
「元気がないのに、いじらしい姿を見ると本当に切ない…」
その他、色々と切なく悲しい気持ちになると思います。


その気持ち、私も本当によく分かります。

私も過去、同じような気持になったことがありますし、
同じような気持ちや悩みを持つ飼い主さんをたくさん見てきました。

実際、私の愛犬がガンになったとき、
本当に、本当に、絶望的な気持ちになりました…

だから、心情的な辛さが理解できるつもりです。

また、
愛犬が病気にかかると心情的な辛さもありますが、
現実問題として、病院への通院など金銭的な辛さもあると思います。

愛犬の命には代えられないと思っていながらも、正直大変な部分がありますよね…。

その他、日常生活で仕事や家事をこなしながらワンちゃんの介護や通院などの世話も増えますから心身共に本当大変だと思います。

色々と大変なことがあっても
あなたは大事なワンちゃんの為にこれまで頑張ってきたんですよね?
本当にお疲れさまです…。

いまからでも遅くはありません。
ワンちゃんが少しでも健康になるように、この「免疫マッサージ」を覚えてください。

そして、あなたの愛犬に施術してあげてください。

なぜなら、
私は自分の愛犬のガンを「免疫マッサージ」で完全に消したことがあるからです。
もちろん、あなたの愛犬の病気が絶対に治るという保証は出来ません。ですが、、、
ですが、あなたの愛犬の病気や、病気からくる痛みを軽減してあげるお手伝いは出来るのではないか?と思っています。


では、この「免疫マッサージ」がなぜ病気に有効なのか???
その理由を簡単にご説明差し上げます。

この「免疫マッサージ」の一番の特徴はマッサージすることで
免疫力と自己治癒力を高めてくれることです

まず「免疫マッサージ」をすることで“ワンちゃんの血流を良くする”効果があります。

血流が良くなると回復を促進させる効果があります。
ここで、血行ってそんなに大事なの???と疑問に思うかも知れませんね?

血流には、体の各所へ養分や酸素などを運んでくれる役割があります。
つまり細胞まで必要なものを届けてくれるわけです。


と、同時に体の中で発生した老廃物や二酸化炭素を回収して、肝臓や腎臓へ運ぶ役割もしてくれるんです。

だから血行が悪くなるとこの循環が滞っちゃうんです。
そして細胞の働きがどんどんスローダウンしてしまい、体に様々なトラブルが起きるようになります。
これが病気になってしまう仕組みなんですね。

逆に血行が良くなるということは、細胞の働きがどんどん良くなっていき
体の中が健康になるように働きかけて免疫力が強化されるんです。


この「免疫マッサージ」は血行を良くすることで、お薬の効きを良くすることもわかっています。

いま病院からお薬を処方されているワンちゃんであれば、お薬を飲ませながら併用して「免疫マッサージ」をしてあげることで、いまよりもワンちゃんを楽にしてあげることが出来る可能性があると言えるのです。




ちょっとお薬に関する話をしたいと思います。

動物病院の獣医さんから「薬の効きの悪い子(犬)が最近すごく出てきている」という話を聞きました。

例えば、脚の手術をして、手術は成功。術後の検査でも異常は見られなかった。
つまり完全に脚は治っている、なのに歩けないワンちゃんがいたんです。

何度、検査をしても「確かに治っている」
でも歩けない。

そこで、その子に「免疫マッサージ」をすることになったんです。

結果、その子は普通に歩けるようになりました。元気に走れるようにも。


なぜ、そうだったのか???

それには二つ理由があります。
まず「免疫マッサージ」することでお薬の効きが良くなったこと。

先ほども説明しましたが、血行が良くなると体の細部まで血流が届くようになります。
すると薬の成分も血流で運ばれて体の細部まで届くようになり、
結果、薬の効きが良くなるんですね。

それと、もう一つ。

薬の効きが良くなると同時に、関節の可動域、つまり動く範囲が広がるんです。

肩こりなどを経験された方ならお分かりになるかと思いますが、
筋肉が凝り固まっていると、そこが原因で突っ張った感じになり、連動した周りの筋肉の動きも鈍くなることがあります。

ワンちゃんも同じで、
凝り固まった部分をマッサージすることで、その部分が柔らかくなりますし、
固まっていた部分に溜まっていた疲労物質が血流やリンパを通って流れることで
関節の可動域が広がり、その結果、代謝が上がり凝り固まっていた部分にも薬の成分が届くようになる訳です。

いまの例は外科手術をしたワンちゃんの話でしたが、
薬の効きが悪いことと、代謝が悪いことが関係しています。

これは外科だけでなく内科の病気にも同じことが言えます。
いくら薬を飲んでも思っている以上に効き目が悪いワンちゃんはもしかすると代謝が悪いのが原因かもしれません。




あなたのワンちゃんは、手足が冷たくなっていませんか?

もし手足をさわってみて冷たかったり、腰のあたりが冷えていた場合
そういう子は低体温の可能性があります。


低体温のワンちゃんも最近増えてきています。

ではなぜ低体温かというと、先ほどお話にもあった「代謝が悪い」のが原因なんです。

いまワンちゃんの平熱が下がってきていて、ワンちゃんの低体温化が進んでいます。
昔のワンちゃんは平熱時の平均体温が38度~39度だったのですが、

いまは平熱の平均が37.5度まで下がってきています。

人間でいえば、体温が1度下がると体の免疫力は30%低下すると言われています。

動物も同じように体温が下がると免疫力が下がります。
結果、病気にかかりやすい状態になるんです。

「免疫マッサージ」を行うと、マッサージしているそばからワンちゃんの体がポカポカと温かくなってきます。これは血行が良くなっている証拠で、体温が上がっている状態なんですね。

マッサージを毎日続けてあげればワンちゃんの体温が上昇し、低体温化を防ぎ
免疫力をあげ健康な体を作ることができるんです。




「免疫マッサージ」の効果で皆さん驚かれるのが“ダイエット効果”です。

近年はワンちゃんの肥満化も進んでいて、肥満化で悩む飼い主さんも増えてきています。

実は肥満のペットは、ペット全体の約4割と大変に多いのです。

獣医さんも少し太っているくらいなら「運動させてあげてください」とおっしゃいますが、
かなり太ったワンちゃんだとそうもいきません。

なぜなら、太り過ぎていると関節に負担がかかるため
運動でのダイエット自体にドクターストップがかかることがあるんです。

そうなると食事療法しかないのですが、
食事療法だけよりも併用して「免疫マッサージ」をしてあげることで
ダイエット効果がアップし、ワンちゃんにとって健康的なダイエットが可能になるんです。

何故、ダイエットに「免疫マッサージ」が有効なのかと言えば

「免疫マッサージ」をすると体の中の血流がよくなって運動したのと同じような状態になるので代謝があがるんです

「免疫マッサージ」のワンちゃんへの効果ですが、
人間の運動に例えると、エアロビクスをワンクールするのと同じくらいの運動量に匹敵すると言われているんです。


マッサージによって、血流が良くなり代謝が上がる。
代謝が上がるということは、運動しなくても体のエネルギーを消費しやすくなるということなんです。
つまりエネルギーをどんどん消費するので痩せやすくなるという訳です。

例えるなら、燃費の悪い車のようなものです。

高級外車は燃費が悪いと言います。
なかにはガソリン1リッターで走れる距離が3Kmしかない車もあるらしく、
逆に燃費がいい車はガソリン1リッターで30Kmも走る車があるそうです。

この燃費が良い、悪い、を人間を含めた動物に置き換えてみると、
代謝のいい人は、燃費の悪い車みたいなもので、寝ているだけでもどんどんエネルギーを消費していきます。だから太りにくいんです。
逆に代謝の悪い人は燃費のいい車と同じで食べたものをエネルギーとして消費していきませんから太りやすくなります。

ワンちゃんもエネルギー代謝が悪い子は、どんどん太りますし、
代謝のいい子は「痩せ体質」になっていきます。

ダイエットというと食事制限と運動が大事だと思われがちですが、、
そもそも、体の中の毒素や老廃物などの悪いものを出すことから始めないと
食事制限や運動の効果があがってこないんです。

マッサージをしながら体の悪いものを排出して血流を改善し代謝をあげる、
更に食事制限をして、運動を平行しておこなう、
するとダイエット効果がものすごく出てくるんです。

食事制限と言っても厳しいものじゃなくていいんです。
過去にあった実例ですが、ダイエット目的のワンちゃんがいて
「一週間だけご飯をいつもの量より“ひとつまみ”減らしてください」と飼い主さんにお願いしたんです。ひとつまみだけです。

あとはマッサージと運動を併用したんですが、それだけでその子は一週間後
見事に痩せて飼い主さんも驚いていました。

健康な動物は本来、自然と適正な体重に戻ろうとします。
もし、痩せちゃったら太ろう。太っちゃったら痩せよう。
常に適正なところに戻るように自然と調節するのが動物本来の仕組みなんですね。


いままで蓄積された老廃物と毒素を出してあげると
体の中が活性化されて本来の適正な体格に戻ろうとするんです。


先ほども言いましたが、太っていると関節に負担がかかります。
特にミニチュアダックスであれば、ヘルニアになる子がすごく多いです。

動物病院でもワンちゃんをあまり太らせすぎないようにと忠告するところは
多いですから、もしあなたのワンちゃんが太っていてお悩みでしたら
免疫マッサージをしてあげてください。



飼っているワンちゃんが元気いっぱい!体もどこも悪くなくて健康そのもの!
病気なんてまるで心配がないという飼い主さんも多いと思います。

でも、そんな元気いっぱいのワンちゃんもいつ病気になるか分かりません。

「免疫マッサージ」は
・ワンちゃんの健康寿命を伸ばす
・ワンちゃんの健康状態をチェックする
・病気の早期発見

これらの効果もあるんです。

健康面の具体的な効果をお話しますと、
・疲労物質の乳酸を流すことで疲労回復を早める
・同時にリンパを流すことで老廃物を排出する
・血流が良くなる事で養分や酸素などを体中の細胞まで届くようになる
・体内の老廃物や二酸化炭素を回収して肝臓や腎臓で処理できる

これらの効果があります。

また、この他に「代謝障害」というものがあります。
これは何かと言いますと
体の中にいらない毒素が溜まりやすくなってしまう障害のことなんですね

代謝障害を起こすとどんな症状が出るのか?

それは「体温が下がる」つまり血行が悪くなるということです。

先ほどもお話しましたが体温が下がると免疫力が下がります。
つまり病気にかかりやすくなってしまうんです。

また、血行が悪いまま長年過ごしていると、毛細血管がどんどん無くなっていきます
血管が退化してしまうんですね


この血行不良、東洋医学では「未病」と言います。
どんなものかと言えば“病気の一歩手前”の状態のことなんです。

この段階で手を打っておくことが出来るのが「免疫マッサージ」なんですね。
ワンちゃんが元気なうちに毎日マッサージしてあげる。そうすることでワンちゃんの健康維持が出来るんです。

それに、毎日マッサージをすることは、ワンちゃんの体にさわることになりますから
ワンちゃんとの信頼関係を深めることと、普段は触らないワキの下などもマッサージで触っていくので、「皮膚の疾患」や「腫瘍」など、またいつもはなかった「腫れ」などの異常にいち早く気づくことが出来るんですね。

つまり、病気の早期発見が出来る、そうすることで早いうちに治療が出来る、しかも初期段階なので早く回復することが
期待できるし、それだけワンちゃんへの体の負担を減らしてあげられるんです。

病気が深刻な状態になってからだと、治るものも治らないですし、
なによりワンちゃんが苦しい時間を長く過ごすことになりますから
早めに対応してあげた方が絶対いいに決まってますよね。


そして病気を早期発見できるメリットとして病院費用を抑えることが出来ます。
要するに節約ですよね。

ワンちゃんの健康維持と、病気のチェックが出来るマッサージは
転ばぬ先の杖と言えるんです。




近年、ワンちゃんの寿命が伸びて来ています。

年を取ると人間は筋力が弱くなってきます。
これは、人間に限らずワンちゃんも同じです。

筋力が衰えてくると足腰など、目に見えて弱くなっていきます。

これら目に見える部分以外にも弱まっている部分がいくつもあります。

その一つが「心臓」です。

心臓が弱くなってくると、心臓から血液を押し出す力が弱くなってきます。
加齢からくる心臓の衰えだけでなく、運動不足の場合も同様に心臓から血液を押し出す力が弱くなっていきます。

心臓から血液を押し出す力が弱まると、リンパの流れも悪くなります。

リンパの働きが悪くなると、脂肪がどんどん溜まってしまい「セルライト」になっていきます。
セルライトを放っておくと肥大化し、周囲や血管や、リンパ管を圧迫するようになります。
こうなると負のスパイラルです。悪循環でどんどん悪くなってしまいます。

ですから、老犬で足腰が弱まっている子や、運動が出来なくなっている子にも
マッサージしてあげることで血流を良くし健康を維持と回復が期待出来るんです。


先ほどワンちゃんの寿命が伸びてきていると言いましたが
老犬となり“寝たきり”になるワンちゃんも増えています。

寝たきりの状態が長く続くと「床ずれ」を起こします。

勝手なイメージで動物は横になることが多いから「床ずれなんてしないだろう」
そう思う飼い主さんが意外と多いんですが、そんなことはありません。

実際は人間よりも酷い床ずれになることがあるんです。

本当に酷いケースだと皮膚がじゅくじゅくになって、骨が見えてきたりすることもあります。
そうならない為にもマッサージは最良のケアになるんです。


そもそも寝たきり予防にもマッサージは有効なんです。

マッサージで筋肉の癒着だとか、こわばり、突っ張りをほぐせますから、寝たきりを完全に防げるとは言い切れませんが、寝たきりになるのを遅らせることは出来るんです。

正しいマッサージの方法を覚えることで、長年一緒に過ごしてきた愛犬のホームケアが毎日自宅で出来るんです。それだけでも充分メリットはあると思います。




「免疫マッサージ」はワンちゃんだけでなく、あなた自身にもメリットがあります。

動物と触れ合うとアルファ波が脳から出るんですが、
このアルファ波には人間の血圧を下げる効果があると言われています。

イギリスのメリーランド大学やアメリカの大学での研究結果でも
犬を飼育している人と、飼っていない人とを比べた場合、飼っている人の方が血圧が低いことが分かったそうです。

また、ペンシルバニア大学の研究では、
犬をさわる前と後で血圧を測ると、さわった後の方が血圧が下がっているという研究結果も発表されています。

さらには、犬を飼っている人は、犬を飼っていない人に比べて、病院へかかる率が30%低くなるというデータもあるそうです。

「免疫マッサージ」は飼い主やワンちゃん双方にとっての健康や、
病院代の節約などが期待できるんですね。

ちょっと話がそれますが、セラピードッグをご存じでしょうか?

病院や、老人ホームへ専門のワンちゃんを連れて行き
ふれあう時間を作るサービスなのですが、その効果がすごいんです。

例えばワンちゃんとふれあうことで老人がいきいきしてきたり、
いままで出来なかったような動きが出来るようになったりとか、そういう効果があるんですね。

また、病院などでも小児病棟で深刻な状態だった子が
ワンちゃんとふれあうことで、すごく元気を取り戻していったりとか、そういう実例がたくさんあるんです。

動物にふれるってことがとても大事なんだとお分かりいただけるかと思います。

正しいふれ方、正しいさわり方をしてあげることで、
犬にとってもいい方向に、飼い主にとってもいい方向に行くんです。

ここで大事なのは正しいさわり方、かわいがり方をしてあげるってことなんですね

さわり方すら良くわかっていない、また、かわいがり方自体をわかっていない飼い主さんが実は多いんです。

正しくさわってあげることで、ワンちゃんを正しく導いてあげられるんです。
そうすることで問題行動を起こしにくくなることにもつながっていきますし、
後ほどお話しますが、マッサージの効果と重要性は獣医師さんも認めてくれています。

それに、あなたへのメリットが他にもあります。
それはペットロス対策です。

犬は人間よりも寿命が短いです。
多くの場合、愛犬の最期をあなたが看取ることになります。
考えたくないかもしれませんが将来、愛犬はあなたよりも先に旅立ってしまうのです。

ペットロスとは大事に飼っていたペットが亡くなることでショックを受けてしまうことを言いますが、深刻なケースだとペット喪失時のショックで心の病気を発症してしまうこともあります。酷い場合には「うつ病」になってしまうケースも。

うつ病にならなかったとしても
愛犬を失う悲しみは計り知れません。

実際、私が「免疫マッサージ」を教えた飼い主さんの中にも愛犬を看取った方がたくさんいらっしゃいます。
皆さん当然のように深い悲しみにくれます。
しかし、多くの方は「後悔していません」と言います。


なぜでしょうか?
それは、最期の瞬間までマッサージをしてあげたからなんです。

普通であれば、治療はお医者さん任せで飼い主さんがしてあげられることは少ないものです。
しかし、マッサージを覚えた方は「マッサージをしてあげることが出来るんです。」

愛犬が病気で苦しんでいるなかでも
マッサージをしたときに安らいだ表情をしてくれる…。

そういう積み重ねが
「最後までこの子は幸せだったんじゃないか」と思えることにつながるんです。

愛犬の死には誰も満足なんてしません


でも、マッサージをしていたことで
愛犬が旅立った後に、あなたの後悔を減らす免罪符になってくれるんです。

愛犬が亡くなったとき後悔があるとペットロスになりやすいとも言われています。
そういう意味でも「免疫マッサージ」はあなたの為にもなるんです。




近年、日本で大変悲しい…大きな災害がありました。
2011年3月11日に起こった東日本大震災。

そして記憶に新しい2016年4月14日の熊本地震。

この震災のときのお話を少しさせてください。

東日本大震災のときですが、あのときはペットを連れて都内に避難してきている方も多かったんです。

大きな震災があると、大人も子供も多かれ少なかれ心に傷を負います。

例えば震災を経験した子供の中には赤ちゃん返りのような行動が出たり、
いつもよりイライラしたり、泣いたり、睡眠障害が起こるなどの症状が見られたといいます。

ペットにも同じことが言えるんですね。

震災で避難してきたペットには
・「食欲不振」
・「夜寝られない」
・「いつでもおびえている状態」
・「ささいな物音などで非常におびえてしまう」

など、人間と同じような症状が出ていたんです。

もちろん、飼い主さんは病院へ連れて行き、診察をして、
いろんなお薬を出してもらったそうです。
ですが、一向に症状は良くなりませんでした。

そんなとき、
私のサロンがそういう子たちと飼い主さんの駆け込み寺のようになったんですね。

「免疫マッサージ」を施術して一回目から効果が出始める子もいましたが、だいたい3回目くらいからみんな効果が出てきました。

その中に、震災以来ずっとお腹の調子が悪いというワンちゃんがいました。

話を聞くと病院できちんと下痢止めのお薬を処方してもらい飲ませているとのことでした。

これは病気の“原因”に対して対処するのではなく、出ている症状に対して対処する
いわゆる対処療法という西洋医学の考え方なんです。

わたしの「免疫マッサージ」は病気の“原因”に対してアプローチしていくものなので
このワンちゃんのときは、病院から処方された薬で症状を軽減しながら
並行してマッサージを続け、原因のストレスをマッサージで緩和していき
徐々にお薬の量を減らしていきました。

最終的にはお腹の調子もすっかりよくなり
震災前と変わらぬ元気な姿を取り戻すことに成功しました。

物音にびっくりしてしまうのは、ある種トラウマになってしまっているので、
マッサージを続けていてもどうしてもちょっと残ってしまうんですが、
それでも、
夜満足に眠れなかったワンちゃんが「夜眠れるようになりました」とか
「以前のように落ち着きを取り戻しました」とか「おびえた様子がなくなりました」など
飼い主さんから感謝の言葉をいただくことができました。


震災を経験したワンちゃんを診察した獣医師さんが言ってました。

「多くの飼い主さんは、大丈夫、大丈夫と声をかけます。もちろんそれも大事なのですが、それよりも大事なのはワンちゃ
んにふれてあげることなんです」

そうなんです。
ふれてあげることが大事なんです。
それも、頭をなでなでしてあげるよりも、全身を撫でてあげること、
全身を撫でてあげるよりもいいのは全身をマッサージしてあげること。
その方がワンちゃんの心を癒してあげることが出来るんです。


現在は、いつ、どこで、何があるか分からないと言われています。
どこで大きな地震や震災があるかわかりません。


あなたのご自宅でも避難用にと備蓄を用意したり、災害があった場合の心構えなどしているかと思います。

そこで私は言うんです。
そういった災害用備蓄のひとつに『マッサージのテクニックを入れておきませんか?』って。覚えておけば、持ち運び自由ですし、なによりあなたの大事なペットのケアをすぐにできるのですから。




この「免疫マッサージ」は特別な道具や器具が一切必要ありません。

一度覚えればずっと使えますし、
一度覚えればあなたのテクニックとなります。


要するにテクニック「手技」身体で覚えるので、あなたのテクニックになるのが利点なんです。

スポーツでも一度体が覚えると、年とっても出来るっていうじゃないですか?
例えば自転車に乗れるようになると何年たっても乗り方を覚えているように。

だから一度覚えたならばずっと使えるものですし、
道具を使う必要もないので自分の体さえあればどこでも出来るんですね


いま病気のワンちゃんには回復と、延命のお手伝いに。
いま元気なワンちゃんには病気予防にとお使いいただけます。



今回のDVDでは、一番大事なマッサージの部分を分かりやすく
解説付きの実技で収録しています。

つまりあなたにより明確に「免疫マッサージ」の動きをお伝えすることが出来るんです。

また、ワンちゃんの体の筋肉の構造、リンパの場所などマッサージに必要な知識部分も収録していますから、ワンちゃんの
体のポイントをしっかり覚えることが出来るんですね。

これら座学と実技を動画で丁寧に説明しているので大変わかりやすく、
すぐにでも実行できるようになっています。

ですから、DVDを購入したらすぐに
好きなときに好きなタイミングでワンちゃんのホームケアを行うことができるんです。

もしかしたら、ここまで読んで
「我流のマッサージでもいいんじゃない?」と思うことがあったかもしれませんが
マッサージするポイントを間違えては、せっかくのマッサージの効果がでません。

正しい“知識”と“手技”の二つがあって はじめて「免疫マッサージ」は効果を発揮するんです。

そして、日本のペット業界の中で、正しい知識とテクニックを伝えられるのは私だけでしょう。

ありがたいことにペット業界のなかでマッサージの第一人者と言われていますし、
14年の経験と、実績は他にはないと思っています。

その知識と技術の全てをこのDVDにつめ込みました。

もし「自分に出来るかな?」あなたがそう思っているのなら、
ぜひ安心してください。


このDVDをご覧いただくと
「難しいかも」「自分にもできるかな?」そんな不安がすぐに消えてしまうでしょう。
それ程分かりやすく「免疫マッサージ」の全てをDVDに収録しています。

どうぞあなたも今すぐ実践し、愛犬との健康で素敵な毎日を手に入れてくださいね。




ここまでご覧いただきありがとうございました。
あなたは、この商品にどれくらいの価値を感じていただけたでしょうか?

これまで「しつけ」の為にトレーナーさんへ代金を支払ったり
ワンちゃんの病気で動物病院に通院し高額な費用がかかった経験のある方、
また現在ペット保険に加入し、愛犬の将来の健康を考えている方…。

愛犬の為にはお金がかかるのは仕方ないと考えているあなたなら
このDVDの素晴らしさと価値をご理解いただけたかと思います。

私、自身。
このノウハウを確立するまでに総額で800万円以上を越える予算と14年の月日をかけてきました。

その全てがこのDVDに詰め込まれています。

正直。
あまりに全てを詰め込んでしまった…いや、詰め込んでしまい過ぎました。

少し後悔している程です。
それくらい濃密な内容にしてしまったので、このDVDの商品価値は
10万円でもいいかと思ったくらいです。

それだけ私はこの商品に絶大な自信を持っています。

何度も繰り返しになりますが、
正直、このノウハウを公開するのが「もったいないかな…?」とさえ思っています。

でも、今回この商品を作ろうと思った理由、そしてここまで全てを詰め込んだ理由
それは………
「飼い主さんの悩み、そしてワンちゃんの苦しみを少しでも多く救いたい」
そう心から思ったからなんです。

そして、一人でも多くの飼い主さんと、ワンちゃんの元へこのDVDを届けたいのです。

それなのに10万円のような高額で提供しては、購入出来る方が限られてしまいます。

それでは、私の願いと真逆の結果になります。

そこで私は決めました。
10万円が無理なら半額の49,800円で販売をしようと。

しかし、それでもまだ高いと思いました。もっと手軽に、そしてもっとあなたの身近に、
このDVDを置いていただきたい。

そこで今回更に思い切ってこの価格にすることにしました。

16,800円(商品代金15,000円+送料・事務手数料1,800円)

この価格でご提供したいと思います。

正直、いつまでこの金額でご提供できるか分かりません。
もしかしたら、次にあなたがこのサイトへ訪れてくれたときには値上げしているかもしれませんし、
あまりの反響に在庫切れで販売停止しているかもしれません。

そしてなにより、大変申し訳ないのですが…
あまりに全てを詰め込んでしまっているので販売を早期で終了する可能性も十分あります。
もし、そうなったら本当に申し訳ありません…。


そのため、
もし、あなたがこのDVDを使い、ワンちゃんの悩みを解決したいのであれば今すぐお試しください。
ご購入はこちらから簡単にできます。ご購入後、すぐにあなたのお手元へDVDをお届けさせていただきますね。

※当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。効果には個体差があります。

※本商品は、商品代金お支払い後のキャンセル(返金)、DVDが見られない場合など、原則として返品・返金には応じません。また、インターネット販売商品の為、クーリングオフ制度は適用外となります。ご理解の上、ご購入をお願いいたします。




「免疫マッサージを実践された方の喜びの声をご覧下さい。



30代の夫婦で、トイプードルと一緒に暮らして4年目です。
スバルは私にとっても旦那にとっても初めての犬で、ネットなどでいろいろ調べたんですが、最初は何が何だかわからず、ペ
ットショップの言うままにしつけなのかなんなのかわからない事をしていたら、一度吠えるとなにをやっても鳴き止まなくなりま
した。(8カ月)

どうしたらいいかわからない時に、旦那の会社の犬好きの人が「ドッグマッサージ」を勧めてくれて購入してみました。

凄くわかりやすく、DVDを見ながらすぐに試せました。
また近藤先生に無駄吠えの相談メールをしたらすぐにお返事を下さって親身になって答えてくれました。

ペットショップじゃなくて動物病院に相談すると良い事も伺って念の為に行ってみたら「無駄吠えはストレスからくる問題
行動」だと言われてショックでした。

私だけじゃなく、旦那もマッサージ方法を一緒に覚えてスバルにすることで、私たちが仕事に行っている間一人ぼっちで寂
しいストレスや、自由に動いて回れないストレス、お菓子が食べたいストレスとかを解消して、もっともっと健康に、ずっと一
緒に暮らしていける準備をしようと思いました。


いまマッサージを続けて3年とちょっとです。
まだまだやんちゃなスバルですが無駄吠えもなくなり、散歩もおりこうさんです。

お友達にあっても怖い位の興奮もなく、とても充実した日々を過ごしています。

いつまでも笑顔で一緒に過ごしていける未来が見えています。
ありがとうございます!

※個人の感想であり効果効能を保証するものではありません。



子ども達が家を全員出て、妻と二人きりになった時に友達からもらったのがココアです。

人懐っこくて誰にでも愛想を振りまくココアが可愛くて、どこに行くにもココアを連れて行きました。
ホテルや旅館にはなかなか一緒に泊まれないので、キャンピングカーを買って旅行も楽しんでいます。

ですが、どんなに楽しくてもココアとの時間は限られたものだと時々思い、切なく、悲しくなります。

そんな時妻が見つけてきたのが近藤先生のドッグマッサージです。
体調が悪いわんこだけじゃなく、いま元気な子が元気なまま老後を過ごすためのマッサージという事が本当に嬉しいです


ココアの健康を守るために、自分が出来る事。
これをずっと知りたかったんだと改めて思いました。

教えて頂けて本当に感謝いたします。

これから妻とココアと二人と一匹で健康に年を重ねたいです。
ありがとうございます。

※個人の感想であり効果効能を保証するものではありません。


※当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。効果には個体差があります。
※本商品は、商品代金お支払い後のキャンセル(返金)、DVDが見られない場合など、原則として返品・返金には応じません。
また、インターネット販売商品の為、クーリングオフ制度は適用外となります。ご理解の上、ご購入をお願いいたします。

特定商取引法に基づく表示  問い合わせ

Copyright (C) 2016 株式会社ライフ&近藤千津子. All Rights Reserved.